読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うやうやしく生きたい

実際は生きられない。

ニートになりました

本日未明、うや氏が家庭教師契約期間終了の宣言を受け、晴れてニート生活へと舞い戻りました。

 

被疑者は「契約が半年とは思わなかった」と述べ、なおも容疑を否認しているようで…す。

 

はい、ニートです。

正確には、知らなかっただけで9月からニートになってました。

 

いやまさか…4月から8月までっていう短い短い家庭教師バイトとは思ってなかった。責任もって1年間まるまる面倒みる予定だったのに。とても悲しい。

 

うーん…あの子は大丈夫なのかな。ちゃんと大人になれるかな。これからの成長が楽しみだったのに、もうその後を知ることは出来ないんだね。人って簡単に二度と会わなくなるよね。怖い世の中だね。

 

仲良くなって、楽しいバイトになってきたところだったのに。ここで愚痴等書きはしたけど、それでもそれを受け入れられる心持ちになってきていたところだったのに。契約とはかくも非情なものかな。

 

あの子のために買ったご褒美のシールは結局一度も使う機会がなかった。あの子のために印刷した漢字の宿題プリントが大量に残ってしまった。まだ指導報告書も1枚残っている。増刷しなきゃなと計画も立てていたのに、無駄になってしまったなぁ。あの子のためにアイカツのカードを親戚に貰ったのに、結局渡しそびれてしまった。

 

この残り物どうしてくれるんだ。これからもまだまだ会う予定で用意していたのに…。なんて恨み言を言っても届くこともないんだね。

 

あぁ…小学5年生のあの子とおしゃべりするの楽しかったのに…!ふと哲学的な話題を投げかけられ、それに必死に答えるのはスリルあるゲームだったのに。純粋な子を純粋なまま保つためにサンタはいると力説したのに…!戦争に疑問を持っていたようだったから、世界各地の戦争の状況を細かく把握して今度話してあげようと思っていたのに…!未練タラタラだ。女々しいのかもしれない。

 

あの子から貰った手作りのブレスレットを見るたびに思い出して悲しい気分になるじゃない。あの子は8月までだって知ってたのかな?なんなら教えてくれてもよかったのに…。「またね!」って言ってお別れしちゃったよ。どこかでひょいと会えたらいいけど、その確率はとても低いね。

 

ブレスレットは鍵のついた引き出しに入れて大切に保管しよう。こういうの、身に着けられるほど神経は太くない。だって失くしたり汚れたりしたら嫌だもんね。ずっと放置もそれはそれでどんどん腐敗していくと知ってはいるんだけど。

 

それで、もう早速次のバイトが見つかりそうです…?友人に紹介してもらって塾講師?になるかもしれない。

塾講はブラックが多いとも聞くし、これからは週2になるのかもしれないと思うと少し怖い。おっくう。スーツっていうのがまた…めんどゲフンゲフン

 

まぁせっかくだからがんばろ…。またいい子に会えるといいなぁ。できればこう…何も教える必要のない秀才の子とかがいいですね。まぁそんな子はほぼ塾に来ないんですけどね。

 

お金はほとんどRevo陛下に貢いで消えちゃうからね、たくさん稼ぎたいよね!

 

じゃあまたね(/・ω・)/

 

追記

いつも「またね」って言ってこのブログを書き終えるけど、次があるなんて確証はないのだなぁ…(´_ゝ`)

 

追記2

あの子と食べた最後のサンドイッチは、せつない。