読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うやうやしく生きたい

実際は生きられない。

飲み会と長文の癖

27日はバイト先の人たちと飲み会でしたった。送別会や親睦会を兼ねての飲み会?そこはかとなく仲良くなれたので嬉しい。
大人な方々は一気飲みとかしてて凄かった…。
「乾杯はサカズキを乾かすと書くんやぞ!」みたいな謎理論で…。いや一理あるけど!

私は食べるのも飲むのもあまりやり過ぎないように控えようと思ってたのに、「いやーめっちゃ飲みますねぇwww」って煽られたので、えっ…って感じ。加減が分かんない。

カクテルとかばっかり頼んでたからそんな変人には見られなかったはず…!

さてさて話は変わって、ちょっと自分の長文の癖について書きたい。…短文で?

何かにつけて色々と、説明なり要望なりするとき、必ずと言っていいほど長文になりがちな癖がある。と思う。あんまり意識したことないけど。

詳しく説明するのはいいことじゃん、と心の底では思ってるので今後も改善しないと思うけど、やっぱり読む方にとっては大変なのかなとも思う。

「3月のシフト表ください」って一文を伝えたいがために、まず挨拶から始まり、突然のメールすいません的な前置きをし、本文を伝え、よろしくお願いしますみたいなあとがきを添え、最後に自分の名前と連絡先をもう一回添付して終わり。最終的に20行近くに。

うーん…丁寧でいいね!って褒められる内容ではあると自負?しているけれど、ちょっと冗長というか、気軽にお願いできるような仲の人であればそういうの邪魔かなぁって…。結局は「時と場合を見極めようね」って話で済むんですが…難しい。

だいたい、全ての事象や心情を文章で伝えようってのはやっぱり無理がありますよね?丁寧に詳しく書こうと思えば思うほど長くなるのは必然なわけでして…。それこそ、リアルタイムで詳しく伝えるならばツイ廃にでもならなきゃいけないわけだね。…もう半分なりかけてるか。

それでも長文になるのは、「伝えたい」って気持ちがあるからか…。
あ、なんか綺麗に纏まった気がするのでここら辺で文を締めておこう。

なんにせよ、短文で全て伝わればこれ幸いなわけです。そのためには語彙力がなくっちゃね。本を読み漁りたいお年頃。

じゃあまた

追記
だからいわし語りはまた今度って

追記2
バク転したい気分の時のために準備しておこう。バク転できないけど。

追記3
豆乳飲む
腹筋的なダイエットする
いい匂いのサムシングを身につける
……が、今季の目標です