読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うやうやしく生きたい

実際は生きられない。

ハッピー七夕!

ハッピーハロウィンもハッピーニューイヤーもあるなら、「ハッピー七夕」だってあればいいじゃない!

 

なにがハッピーかはわからないけれど。

 

今日は私の住んでるところはあいにくの大雨でした。織姫と彦星には「ドンマイ!」って言ってあげることしかできない。もう早速ハッピーじゃない。

 

昨日新しいサンダルを買ったので、今日わくわくしながら履いて登校したけど大雨でびしょ濡れだし靴脱いで入る演習室で授業だしでサンダルの見せ場およそ0!またもやハッピーじゃない。

 

まぁいいんだよ、もしこれで新しいサンダルじゃなかったと仮定して、そしたら今日はマイナスの日になっていたに違いない。新しいサンダルがあったからこそ自分の中で幸せが昇華されてやっとプラマイ0だ。

 

ちょっと数学的で何言ってるか分からなくなってきた。

 

折角の七夕なのに、今年は1枚も短冊に書かなかった。Twitterにて「短冊メーカー」ならざるもので遊びはしたけど、やっぱりそれじゃあ味気ない。

 

七夕にするお願いは確か芸事onlyだったはずだ。だから彼氏彼女欲しいとかは確か禁じ手だったはずだけど、もうこの現代じゃたぶんどうでもいいんだろうね。

 

お願いどうしようかなぁ。センスくださいって一応願ったけどズルくない?ってのも自分で思う。才能は別次元だし。これは実現可能な願い事を書かねば叶わぬ気もする。

 

まぁここに願い事は書かないけど。他人に願い事を明かした瞬間叶わない気がしません?なんか初詣とかもそういうジンクスあるよね。あれって七夕にはどこまでセーフなんですかね。セーフとかいう概念なんですかね。

 

追伸

今年の正月に「web書道」にて、私は確か「神格化」と書いた…のを思い出した…。完全なネタであったはずなのに…気づいたら実現化している?!願掛けと言うのはある種呪いのようなものなのでしょうか。なんにせよ怖いですね。